機関誌「花みずき」

がん患者サロン「花みずき」

訪問看護ステーションだいとう 管理者 吉田

 がんサロン「花みずき」は、2011年8月にだいとう循環器クリニックから、往診体制を強化した、だいとうクリニックに変更したときに開設しました。毎月第3火曜日の午後、約2時間開催しています。また、がんサロンの前に、絵手紙教室やタオルぼうしの会を開催しています。
 がんサロンは、同じ経験をしている方々で語らい、共有し、気持ちが少しでも楽になれる場になれば、と開設しています。がんの治療や日常生活に関する内容を取り上げて講義を行う「学習会」と、患者さん・家族・医療スタッフで自由な話し合いや相談をする「交流会」をしています。「交流会」では、体験された方にしかわからない気持ちが話せたり、同じ経験をされた方からのアドバイスをもらったり、不安や疑問などを語り合っています。情報交換をすることができます。辛いのは自分だけでない、と思えるような場になっています。院長、看護師、ボランティア、時には薬剤師や医療事務が加わり、5名~15 名の方が参加します。和気あいあいとして、何でも話しやすい雰囲気です。

~「学習会」の内容( )内は講義者~
・アロマテラピー (参加者)  ・救急医療キット(看護師)
・放射線治療の体験談(参加者) ・眼の病気 (看護師)
・遺言書・終活(参加者)    ・夫婦別姓(看護師)
・リンパ浮腫について(看護師) ・抗がん剤について(薬剤師)
・旅行のスライド(院長)    ・嚥下障害(看護師)
・成年後見人制度(看護師) 
・高齢者向け施設について(看護師)

~がんサロンに参加された皆様からの意見~
・いろいろな人と話ができ、自分もパワーをもらえる
・先生の意見も直接きけるのは、がんサロンの良い所
・がんの話ができる。ほかのところでは「がんになったら怖い」
 という人が多く、がんの話が自由にできない
・同じがんの人達が明るく前向きなので、勇気をもらえる
・いろいろな人の思いや疑問を一緒に考えられる
・同じ病気の経験者と出会い、不安や孤独感が軽減した
・悩みを話し、聞いてもらえ、気持ちが楽になる
・病気に対して知識の変化もあり、病状を理解してもらえて元気がでた

~がんサロンに参加された皆様からの学習会についての意見~
・がん以外のことも取りいれてもらえて勉強になる
・3か月単位で内容を決め、予告してほしい
・知らないことも多いので、いろいろ聞きたい
・学習会は場がなごみ、話しやすい
・新しい情報が聞けてありがたい
 がんサロンは、がん患者さんとご家族の交流の場です。これから治療をする方、治療中の方、再発を心配されている方、家族が心配な方など、がんで悩んでおられる方は誰でも参加いただけます。ゆっくり話をしませんか?たくさんの方の参加をお待ちしています。お申込みは不要です。参加・退出は自由ですので、気軽にお越し下さい。