機関誌「花みずき」

介護施設について

看護師 延澤

 思いがけないケガや病気が原因で、高齢の家族が急に介護が必要になった時、あなたはどうしますか?
これまで介護が必要になった時に利用する介護サービスの話や、在宅での療養方法についてたくさん取り上げてきましたが、今回は、施設での療養を考えた時、どの様なものがあるのかを調べてみました。

※「施設を考えるとき」とはどんな時
(1)自らの老後を考え、元気な時から終の棲家として、暮らしやすい場所に転居したいと考えた時
(2)然病気やけがで介護が必要となり、自宅で療養することが困難になってしまった時
(3)独居生活で近くに介護してくれる人も無く、食事・排泄・入浴など1人でできなくなった時、このまま自宅で暮らして行くことに不安を感じた時
(4)認知症の進行や、介護度が重度となり、家族が自宅で介護することが困難になった時

※ 誰に相談すればいい?
 早めに施設の情報を得て、自分の目で見て探せる方は少数で、ほとんどの方が困ってから探しだすケースが多いと思います。今はインターネット等で物件探しの様に自分たちで情報も得ることもできますが、地域周辺の情報をよく知っているのはケアマネジャーです。介護認定を受けておられる方は、担当のケアマネジャーに相談することをお勧めします。介護認定を受けておられない方は、地域の包括支援センターに相談されてはいかがでしょうか。

※ 老人ホーム、介護施設の種類と特徴について
 老人ホームや介護施設は、運営主体、目的や入居条件によりさまざまな種類があります。大きく分けると、「介護保険施設」と呼ばれる、社会福祉法人や自治体が運営する公共型の施設と、民間事業者が運営している施設があり、更にその中で役割に応じて細かく種類が分かれています。まずは表にして比較してみました。